アストンマーチン故障。。。

 実はかなり前から「愛車」が動かなくなっている。1か月ほどになるか?ちょうど英検受験の追い込みにかかった時期で車をどうにかする気持ちの余裕が無かった。だが、私の仕事は早朝出勤なので車は必須アイテムである。困った私は妹に泣きついて、妹の買ったばかりの車を借りることにした。私にとって幸いなことに、妹は車を所有しているものの、フルタイム勤務かつ電車通勤のため車を使用する頻度が低い。「ときどき貸してね。」と言われたのを良いことに、毎日不自由なく乗り回していた。初年度登録2000年のアストンマーチンと、2018年登録の国産車は明らかに乗り心地が違った。新しい車にはいろいろな便利機能が付いている。だが次の車を探しながらも、私はアストンマーチンの修理も視野に入れていた。

 ある日訪れた中古車販売店で「ウチなら、部品変えてメンテナンスしながら15万キロまでは乗れますよ。部品も安いの探せるし。」と言われ、私の予算内に収まる古い車を勧められた。そこで私は考えた。ディーラーで純正部品で車を直すのはお金がかかるが、ここなら可能かも!提案してみた。「中古車購入の予算で、壊れちゃったプレオ(スバル)の中身だけ取り替えることできますかね?」と。

 

。。。。。

、、、、

 

「出来なくはないけど、、、、、」とんでもなくお金がかかる理由を懇切丁寧に説明して下さった。説明に納得した私は、スバルプレオ(愛称アストンマーチン)に別れを告げることにした。

 

  私がアストンマーチンに固執した大きな理由は二つ。一つ目は、母が買ってくれた車だから。二つ目の理由は、車に乗るのが大好きだったわんさんの車だったから。わんさんとのたくさんの思い出が生きている車だし、最後のお別れのために乗せて行ったのもこの車だったから。車の中にはまだ取り去ることのできないわんさんの痕跡がたくさん残っている。

 

 

 でも、仕方ないよね、車がないとお仕事行かれないもの。わんさん、新しい車も好きになってね!!!

 

 

というわけで、炎の女王・アストンマーチンにお別れをすることになりました。

三月上旬に納車予定の“氷の貴婦人・アストンマーチン”をよろしくお願いいたします。

 

 

ほへ〜

英検準二級、一次試験合格しましたあああ!

 

今回はリスニングに足を引っ張られ、どうなることかと思っていましたが、

なんと一番心配だったライティングさんが良いお仕事をしてくれて合格。

次は3月3日の二次面接試験です。エイエイオー!!!

 

 

いつか2級を受験するかもしれないので、リスニングの敗因を記録しておく。

1、自宅との音質の違いが気になった。

2、受験時、座る場所を選択するべきだった。

 

1については、自宅より会場の方がエコーが強かったため、集中が欠けた。

2の座席だが、高校生の皆さんのお邪魔にならないように最前列左端に座ったが、もしかすると教室中央の方が良かったかも。

 

私が座った席は最後まで後ろに誰も座らなかった、試験開始直前に遅れてきた人が座って(そこしか空いてなかった。)、ガサガサやったり、何やら試験官に言われたりしてこちらの集中が欠けた。(直接リスニングには関係なし。)

 

 

三級と準二級では、かなり内容が違ったので、二級を受けられる日が来るとは思わないけどね・・・・

 

 

 

おたんじょーびおめでと

私の予算的にはちょっとお高いので、毎年購入を迷う爐曚榮手帳

結局今年も購入しました。

だって、可愛いし使い易いんだもん。

 

 

 

 

パッケージを開けると

 

 

 

Don't ever lose hope.

It's far too important.

You know how a pinch of salt changes the flavor of a dish?

Your hopes is that salt.

 

と、セイフティ・マッチのお言葉。 

 

 

そして、

 

 

 

今年の製品番号。

 

 

 

今年のおまけは、可愛いクマちゃんの文鎮。

可愛いクマちゃん意外に怖い顔です。

 

 

 

 

毎年思うけど、新旧の手帖、同じ規格なのに別物のように厚みが違う。

 

 

 

今年もお世話になります。

(私はほぼ日手帳、4月始まりを使っています。)